BIOLOX®DUO

広可動域・骨温存型関節置換術

多くの文献が、バイポーラー人工骨頭置換術後の臨床的不具合が起こる原因はポリエチレンの摩耗であるとしています。BIOLOX®DUOバイポーラーヘッド(以前のDUOLOX®System)を使えば、十分な実績を持つBIOLOX®forteセラミックの優れた耐摩耗性能と卓越した生体適合性、バイポーラー人工骨頭が有する既知の長所を組み合わせることができ、長期間の使用に耐えうる置換術を行うことが可能です。

BIOLOX®forteベアリングカップルの臨床的に実証された明白な利点は、ポリエチレン摩耗が起きないという事実に基づいています。線摩耗についていえばセラミックの摩耗率は、メタルオンポリエチレンにおけるポリエチレンの摩耗率の200分の1です。さらなる利点は、メタルイオンが放出されないことです。また、BIOLOX®forteセラミックはアレルギー反応を起こしません。セラミックのベアリングカップルには生体適合性があります

BIOLOX®DUOは屈曲可動角度が大きい症例であっても脱臼のリスクを低くすることが可能

製品について:

BIOLOX®DUOバイポーラーヘッドは骨密度を考慮した上で、状態が良く臼蓋軟骨を温存する価値がある場合の大腿骨頸部骨折や大腿骨頭壊死の治療用として適しています。業界初の全セラミック製バイポーラーヘッドであるBIOLOX®DUOの構成は下記の通りです。®forteアウターヘッド:ヘッド径42mm~56mm(1mmきざみ)、BIOLOX®forteインナーヘッド:28mmあるいはBIOLOX®deltaボールヘッド:28mm、ポリエチレン固定リング

BIOLOX®DUOの小冊子ならびにCD-ROMでは、さらなる情報と3D動画を提供しています。 コピーをご希望の方はこちらから。.

エリア別弊社連絡先

CeramTecグループの個人および担当者の連絡先リストをお知りになりたい場合は、右側の「連絡先」ボタンをクリックしてください。