人工関節周囲感染症

BIOLOX®セラミックは感染症リスクを低減します。2

“「人工関節周囲感染症(PJI)は関節形成術合併症における最悪のシナリオの一つです。・・・PJI罹患率は上昇傾向にあり、米国内において股関節・膝関節PJIは、2023年までに推計で60,000を超えて70,000症例に達するとされています。」”5

人工関節置換術の総数を考慮すると、<11%という率のPJIは、最高頻度で起こるインプラント不具合原因の一つに数えられることになります。PJIは、Medicare人口においては人工膝関節再置換術の適応では第一位となり6、人工股関節再置換術の適応では三位(人工股関節再置換術総数の15.6%)となります。4 2020年には、米国内の病院にかかる、感染症原因の再置換術コストは16億2千万ドルの増加が見込まれています。3

Revision Reasons THA

図表 1:再置換理由 THA

Revision reasons TKA

図表 2:再置換理由 TKA

Revision reasons for Shoulder Arthroplasty

図表 3:人工肩関節置換術の再置換理由

原則として、感染症の原因は多岐にわたりますが、ベアリング・カップルによる有意の影響があることが、実証されてきました。(図4)

実験研究の結果すでに、感染症率を可能な限り低減させるという点で、セラミックの優位性が示唆されました。1 こうした研究でセラミックと比較されたのは、メタルとポリマーでした。500,749例の股関節再置換からのデーターを基にした解析により、今では、生体内におけるセラミックの潜在能力が確認されています。2

Cox 多変量解析を用いた数例の研究や、国内レジストリのデータによると、メタル・コンポーネントを含む関節は、ベアリングがセラミック・オン・セラミックあるいはセラミック・オン・PE(30-50%減)の場合よりも感染症を発症しやすいことが示されています。後者の場合には、ベアリングからのメタルイオン放出はゼロ、テーパー接合部からの放出は最小限に留まりました。8

図表 4:感染症による再置換(500,749人の患者)

Revisions for Infection (500’749 pats)

図表 5:人工関節周囲感染症による再置換術の割合:
メタル・オン・ポリエチレン関節では、セラミック・オン・ポリエチレンに比べて、感染リスクが2.6倍高まります。

参照

  1. Liefheit K, Vergleichende Biofilmbildung auf Werkstoffe, Bericht, iba Heiligenstadt e.V. FB Biowerkstoffe, 2013
  2. Streicher R, Porporati A. News on ceramics – beyond wear reduction. Abstract EHS 2014, Streicher R, Leto A, Porporati A - News on ceramic – wear, corrosion and infection. Poster JHS 2014
  3. Kurtz SM1, Lau E, Watson H, Schmier JK, Parvizi J., Economic burden of periprosthetic joint infection in the United States. J Arthroplasty. 2012 Sep;27(8 Suppl):61-5.e1. doi: 10.1016/j.arth.2012.02.022. Epub 2012 May 2.
  4. Ong KL, Kurtz SM, Lau E, Bozic KJ, Berry DJ, Parvizi J. Prosthetic joint infection risk after total hip arthroplasty in the Medicare population. J Arthroplasty 2009; 24:105-109.
  5. A Recurring Slippery Slope, Javad Parvizi, M.D., F.R.C.S., CURRENT CONCEPTS IN JOINT REPLACEMENT® Winter 2014 Hyatt Regency Grand Cypress, Orlando, Florida, December 10 - 13, 2014
  6. Kurtz SM, Ong KL, Lau E, Bozic KJ, Berry D, Parvizi J. Prosthetic joint infection risk after TKA in the Medicare population. Clin Orthop Relat Res 2010; 468:52-56.
  7. Calus Varnium, Alam B Pedersen, Per Kjaersgaard/Andersen, and Soren Overgaard. Comparison of the risk of revision in cementless total hip arthroplasty with ceramic-on-ceramic and metal-on-polyethylene bearings. Acta Orthopaedica 2015;86 (3):x-x
  8. Smith L, Alijanipour P, Restrepo C, Maltenfort M, Parvizi J, Malkani A. Periprosthetic joint infection: could the bearing surface play a role? Abstract, Meeting of the Eastern Orthopaedic Association 2014
  9. S. Falcioni, C. Ancarani, B. Bordini, M.S. Pichierri, S. Stea Influence of articular coupling on septic loosening of total hip arthroplasty, 11th EHS Congress, Stockholm - Sweden, 9-11 October 2014 Hip Int 2014; 24 (5): 491
  10. National Joint Registry for England, Wales and Northern Ireland - 10th Annual Report 2013
  11. Rihard Trebše, Vesna Levašič , Simon Kovac Prosthetic Joint Infections and Bearings Abstracts from 11th EHS Congress, Stockholm - Sweden, 9-11 October 2014 Hip Int 2014; 24 (5): 491
  12. C. Varnum, A. b. pedersen, P. Kjaersgaard-Andersen and S. Overgaard, Comparison of revision in cementless total hip arthroplasty with ceramic-on-ceramic and metal-on-polyethylene bearings- Data on 11096 patients from the Danish Hip Arthroplasty registry, Acta Orthpaedcia 2015, 86: x-x (doi:10.3109/17453674.2015.1012975)
  13. Kevin J. Bozic MD, MBA, Kevin Ong PhD, Edmund Lau MS, Steven M. Kurtz PhD, Thomas P. Vail MD, Harry E. Rubash MD, Daniel J. Berry MD Risk of Complication and Revision Total Hip Arthroplasty Among Medicare Patients with Different Bearing Surfaces Clinical Orthopaedics and Related Research® September 2010, Volume 468, Issue 9, pp 2357-2362
  14. Parvizi J. Periprosthetic joint infection: could the bearing surface play a role? CeraNews 1/2014, 11

人工関節周囲感染症に関する詳細情報をお求めの方はこちらをご覧ください:

エリア別弊社連絡先

CeramTecグループの個人および担当者の連絡先リストをお知りになりたい場合は、右側の「連絡先」ボタンをクリックしてください。