低い摩耗率とより長い耐用期間

低くなる骨溶解の可能性

研究結果によると、セラミック摺動面における骨溶解の可能性は、高架橋ポリエチレンと比較するとおよそ50倍も低くなります。これは、セラミック摩耗粒子の生体活動性が低く、摩耗量も低位に留まるためです。摩耗率とボールヘッド径との間に相関性は認められず、従って、大径セラミック・ボールヘッドであっても摩耗挙動に影響することはありません。 対照的に、ポリエチレン摺動面の場合、ポリエチレン摩耗の増加によるデメリットがあります。

セラミック・ボールヘッドで長くなるインプラント寿命

セラミック・ボールヘッド使用により、ポリエチレンの摩耗は1年で0.1mm未満となり、有意に減少します。メタル・ボールヘッドとは異なり、セラミック・ボールヘッドにはスクラッチができません。メタル⁄ポリエチレンと比較すると、BIOLOX®forte/ポリエチレン摺動面では、インプラントのゆるみ、再置換、関連合併症の発生率は2―5倍も低下しました。

臨床結果によると、人工関節システムの種類とは関係なく、メタル・ボールヘッドが使用された場合、ポリエチレンの摩耗率は1年に0.2mmを超えます。メタル・ボールヘッド表面にスクラッチがあると、ポリエチレン摩耗量はさらに増加します。メタル・ボールヘッドの表面には小さなスクラッチがある場合が多いのです。スクラッチのあるメタル・ボールヘッドを使用したラボでの研究では、ポリエチレン摩耗粉の総量がおよそ30倍も増加しました。

インビボ線条摩耗率

In vivo linear Wear Rates

異種の摺動面の線条摩耗率:XPEの種類が異なると、メタル⁄XPEの研究結果も大きく異なります。

出典
Greenwald AS, Garino JP. Alternative bearing surfaces: the good, the bad, and the ugly. J Bone Joint Surg 83-A, Suppl 2 Pt 2: 68-72, 2001;
Hendrich C,Wollmerstedt N, Ince A, Mahlmeister F, Göbel S, Nöth U. Highly Crosslinked Ultra Molecular Weight Polyethylene- (UHMWPE-) Acetabular Liners in combination with 28 mm BIOLOX® heads, in: Benazzo F, Falez F, Dietrich M (eds). Bioceramics and Alternative Bearings in Joint Arthroplasty, 11th BIOLOX® Symposium Proceedings. Steinkopff Verlag Darmstadt: p.182, 2006;
Martell JM, Verner JJ, Invaco SJ. Clinical performance of a highly cross linked polyethylene at two years in total hip arthroplasty: A randomized prospective trial. J Arthroplasty 18 (7 suppl. 1):55-59, 2003;
Zichner LP, Willert HG. Comparison of Alumina Polyethylene and Metal Polyethylene in Clinical Trials. Clin Orthop Rel Res 282:86-94, 1992;
Zichner LP, Lindenfeld T. In-vivo-Verschleiß der Gleitpaarungen Keramik-Polyetyhlen gegen Metall-Polyethylen. Orthopäde 26:129-134, 1997;
Bragdon CR, Barrett S, Martell J, Greene ME, Malchau H, Harris WH. Steady-State Penetration Rates of Electron Beam–Irradiated, Highly Cross-Linked Polyethylene at an Average 45-Month Follow-Up. J Arthroplasty 21/7: 935-943, 2006; Manning, DW, Chiang PP, Martell J, Galante JO, Harris WH. In Vivo Comparative Wear Study of Traditional and Highly Cross-linked Polyethylene in Total Hip Arthroplasty. J Arthroplasty 20/7: 880-886, 2005

エリア別弊社連絡先

CeramTecグループの個人および担当者の連絡先リストをお知りになりたい場合は、右側の「連絡先」ボタンをクリックしてください。