圧電セラミック製造プロセス

圧電セラミック製造における実証済み専門技術

CeramTecは、圧電セラミックの製造プロセスの方法と技術を数十年をかけて完成させました。

TS 16949 標準仕様を遵守して管理されているシステムは、車両および安全技術における最も厳しい品質要求に合った製造システム基礎を形成しています。顧客指定コンポーネントが90%を超えるという製品の取り合わせは、CeramTec の製造システムの柔軟性を実証しています。ここでは、標準化された大量生産部品と同じ正確さで、試料サンプルを製造しています。必要条件に適合するための資材構成は多様であるものの、ピエゾ・セラミック製造プロセスは、基本的スキームに従属しています:

製造は通常、粉末準備プロセスを含みます。この中では、明確化された化学製品構成を入手するために、酸化物の原材料が混合されます。追加的ステップとして、コンディション・パウダーの圧縮と、ドライ・プレシングのような形成段階を含みます。セラミック・ブランクは、次に、からの温度で、継続的トンネル形式の電気炉の中で、焼結されることになります。この焼結ステップの中を通じ、製品はそのポリクリスタリン・セラミック構造を開発することになります。

焼結された圧電セラミック構成物は、その幾何学的な外形寸法と、指定された狭い耐性の範囲内で表面仕上げを確実に維持できるように、研削、ラッピング、研磨、製材によって機械的に生産さます。製品と具体的な係数の幾何学的な寸法は、この機能的な特徴(例えば静電容量または共振周波数)を決定します。電気接続は、通常、約600°Cで焼結されたスクリーン印刷プロセスでの銀の電極を応用して作られます。このあと、製品がセラミックス内で適切な双極子配向をすため、80°Cから140°Cの温度でDC電場(2~3kV/mm)を露光し、分極化が行われます。

最終出荷製品検査において、コンポーネントは、広範囲のパラメーター(例えば幾何学的寸法および銀の金属化層の付着の強度)に関してテストが実施されます。圧電性電気的なデータは出荷に先立って記録されます。検査されるパラメーターおよび試験条件の厳しさは、個別基準に基づき顧客と共に定義されます。工程間検査およびTS 16949対応製造工程は、大量生産においても高品質レベルを保証します。