酸化物系セラミックス - 酸化ジルコニウム (ZrO2)

万能建造資材

他のセラミックス材料とは異なり、酸化ジルコニウム(ジルコニウムとして知られているZr02 )は、亀裂生長に対して非常に高い抵抗を備えた材料です。酸化ジルコニウムセラミックスは非常に高い熱膨張を有しており、多くの場合、セラミックスとスチールの接合用の材料となっています。

知っておきたい情報:

酸化ジルコニウムの特性 (Zr02)

  • 高熱膨張性 (α=11 x 10-6/K, 一部のスチール種と同様)
  • 優れた熱絶縁/低熱伝導性 (2.5 から 3 W/mK)
  • 亀裂生長、高い破壊靱性に対する非常に高い抵抗性。(6.5 から 8 MPam1/2
  • 酸素イオンを伝導する能力(ラムダプローブの中で酸素分圧の測定に使用された)

もうひとつの重要な特性の組み合わせは、非常に低い熱伝導率と高い強度です。これに追加して、酸化ジルコニウム・セラミックスは、酸素イオンを伝導することができます。この資材から製造の構成物は、アルミナ・セラミックスから製造された構成物より極めて高価です。酸化ジルコニウム・セラミックスは、他の適応の中で、ワイヤー形成のための工具、ウェルディング・プロセスにおけるオグジュラリー、歯科業界におけるクラウンとブリッジのための資材、熱プロセスにおける絶縁リング、そして、ランブダ・プローブの中での酸素測定セルとして、使用されています。

酸化ジルコニウム(ZrO2)から作られた製品

このページのリンク後の製品説明から、英語版の CeramTec 国際ウェブサイトにつながります。

日本の国旗アイコンが付いた製品は 日本語版で提供されます。